Skip to content →

【ケーススタディ】理想的な快眠生活①【会社員の場合】



PR


安眠屋では、読者の皆様に、

単に睡眠に関する知識を身につけてもらうだけでなく、

より具体的に、どう日常生活にその知識を取り入れたらよいのかまでを伝え、

実践していただきたいと考えております。

そこで、より具体的にイメージできるよう、

「毎日快眠できてる人」の1日のスケジュールの一例を紹介しようと思います。

この例を参考に、今の生活をどう変えれば睡眠の質を高め、毎日生き生きと暮らすことができるのかを

模索していきましょう。

 

会社員・男性・20代後半・独身・1人暮らしの場合・Aさんの場合

 

AM7:30 起床。すぐに外に出て5分間の散歩をする

POINT: 外に出て日光を浴びることにより、そのおよそ15時間後にメラトニンが分泌される。

メラトニンが分泌されると人間は眠くなるため、就寝したい時間から逆算して日光を浴びることが大切。

 

AM8:00  朝食

POINT:朝食を決まった時間にとることで、人間の体内時計が調節できるためしっかりとる。

 

 

AM8:30  身支度を整え、家を出る

 

AM9:00  会社の最寄り駅に到着。始業は10:00なので近くのカフェでコーヒーを飲む

POINT: 始業時間ギリギリで、満員電車に乗って出社するのは非常にストレスフル。ストレスは睡眠に大きな影響を及ぼすため、

幾分か余裕を持って出社しよう。

 

AM10:00  業務開始

 

AM12:00  昼休み。軽く食事を取り、デスクにて15分のパワーナップ

POINT:昼食は食べ過ぎるべきではない。また、昼休みの時間帯はパワーナップを取れる数少ない時間帯である。

これをやるとやらないでは午後の集中力が全く違ってくる。

パワーナップをマスターしよう

 

PM18:00  就業。本屋に寄り、家路に着く

 

PM19:00     帰宅。夕飯の準備

 

PM19:30     夕飯。この日はご飯とサラダ、豚肉のステーキと納豆。

POINT:バランスの良い食事を心がけ、その中にトリプトファンを多く含む食材を取り入れよう。

今回は豚肉と納豆に多くトリプトファンが含まれている。

睡眠に効果のある食べ物

 

PM21:00     入浴。湯船にお湯を張りしっかり全身を温める。

POINT: 人間は深部体温が下がるときに眠くなりやすい。入浴後、深部体温は1-2時間で下がり始めるため、

就寝時間から逆算して入るとよい。このとき、湯船にお湯を張って内側からしっかりと温めるようにしよう。

【不眠症対策】不眠に効果的な方法を一挙紹介!

 

PM22:00    ブルーライトをカットするメガネをかけ、 録画していたお笑い番組を観てストレス解消。

POINT: 寝る前は好きなことをやって、ストレス解消するのがおすすめ。

ブルーライトは就寝前はご法度。

テレビを見たり、スマホをつかったりするときは

何らかの方法でブルーライトをカットしよう。

寝る前のスマートフォンで睡眠不足に陥るケースが多発。

 

PM23:00    部屋を真っ暗にして就寝。

POINT: 十分な睡眠時間を取れるように、早く寝よう。

 

 

 

カテゴリー 寝る前にしてはいけないこと 睡眠の基礎知識 寝る前に摂取すると良いもの 寝る前の対策


PR

韓国のニュース動画をお探しならKocowaがオススメです!赤坂で総合格闘技やるならベルジム関東の高収入求人