Skip to content →

【手遅れになる前に…】睡眠時歯ぎしりの治療法



PR


睡眠時の歯ぎしりを放置するととんでもないことに?

私たちは、寝ている間自分でも気づかぬうちに歯ぎしりをしている。

そして、その歯ぎしりを放置すると大変なことになる…

この記事では、そのような歯ぎしりの恐ろしさについて書きました。

今回の記事では、その「対策」に焦点を当て、

どのような治療法が効果的なのかを知っていただけたらと思います。

歯ぎしりの治療法

しかし、睡眠時の歯ぎしりについては分かっていないことも多く、

完全に無くすことは難しいそう。

それでも、負担を軽減したり、症状を軽くすることはできます。

 

1、スプリント療法

スプリントとは、上下の歯が噛み合わないようにするためのクッションのことです。

プラスチックのような素材でできており、その人その人の歯形に合わせてつくります。

これにより、直接歯がぶつかって削られてしまうことなどを防ぐことができます。

2、噛み合わせ治療

人にもよりますが、噛み合わせがよくないことが歯ぎしりの原因になっていることもあります。

治しておくことによって、確実に負担の軽減にはつながるでしょう。

3、薬物治療

噛み合わせに使う筋肉を薬物により緩め、負担を軽減する治療法です。

副作用などもあるので、長時間続けることができないのがデメリットです。

4、マウスピース

スポーツに使うマウスピースを使うことでも、顎や歯にかかる負担を軽減できます。

 

 

 

 

カテゴリー 睡眠の基礎知識 睡眠障害全般 歯ぎしり


PR

韓国のニュース動画をお探しならKocowaがオススメです!赤坂で総合格闘技やるならベルジム関東の高収入求人