Skip to content →

時差ボケの予防法・治し方



PR


海外に出張が多い方や、海外旅行が趣味という方の中には、時差ボケに悩んでいるという方も多いと思います。

楽しいはずの海外旅行が、時差ボケのせいで体がだるい…なんてことになって台無しになってしまうのは避けたいですよね。

時差ボケを完全に防ぐことはできませんが、いくつかの工夫により症状を和らげることは可能です。

たかが時差ボケとばかにせず、正しい対処法を知って快適な海外ライフを実現しましょう。

時差ボケの予防法 -出発前-

日本から海外に飛行機で飛び立つ場合、日本にいる段階から時差ボケを予防しておきましょう。

まずはじめに、時計の時間をこの時点で現地時間に合わせておきます。

そしてそのときから、現地時間に沿った行動をとるようにしましょう。

たとえば、日本時間が昼で、現地時間が夜なのであれば、機内でしっかり睡眠をとります。

逆に日本が夜で現地が昼の場合は、機内では寝ずに起きていることで、時差ボケの予防をすることができます。

また、食事のタイミングも非常に重要です。

規則正しい食事は、人間の体内時計に多きく影響しているからです。

そのため、現地の時間に合わせて、規則的に朝食・昼食・夕食をとることを心がけてください。

また、朝食にはたんぱく質と糖質を、夕食には炭水化物(消化のよいもの)をとることで、体内時計を合わせ、適切な時間に眠りにつきやすくなります。

時差ボケの治し方 -現地-

十分な対策を出国前にしたとしても、やはり時差ボケになってしまうかもしれませんし、

前述した対策を失敗することもあると思います(現地時間の昼に寝てしまった!など)。

そのような場合、まず有効なのは、太陽の光を浴びることです。

人間の体内時計は朝日を浴びることでリセットされますので、現地時間の朝になったら太陽光を浴びましょう。

ちなみに、太陽の光を浴びると体内に「メラトニン」の分泌の指示が出ます。

メラトニンの分泌は指示が出てから14-16時間後に始まります。このようにして人間の睡眠リズムはつくられています。

ですので、メラトニンをサプリとして補うというのも1つの方法です。

(ただし、日本では薬事法を理由に販売されていませんので、通販サイトで購入することになります。)

 

カテゴリー 睡眠障害全般 時差ボケ


PR

韓国のニュース動画をお探しならKocowaがオススメです!赤坂で総合格闘技やるならベルジム関東の高収入求人