Skip to content →

眠くなるのが早すぎる…!睡眠相前進症候群とは



PR


睡眠相前進症候群という言葉をご存知でしょうか。

あまり聞きなれない言葉かと思いますが、平たく言ってしまうと、

「睡眠サイクルが、前(早い時間)にずれてしまう病気」のことです。

老年期の方に多い病気ですが、稀に若年期に現れることもあります。

 

睡眠相前進症候群の特徴

なかなか深刻そうな名前がついていますが、

睡眠の量自体が減っているわけではないので、健康上問題はないようです。

ただ、夜に仕事や付き合いなどで起きていなければいけない人や、

家族との団欒に自分だけ加われないという人にとっては、治療を必要とする病気だったりします。

 

睡眠相前進症候群の原因

人間には「体内時計」が組み込まれています。

この体内時計の周期が、年齢を重ねることで短くなることがあるそうです。

そのため、高齢者に非常に多い病気になっています。

特に、従来「朝型」の生活に強かった人が、この病気にかかりやすいです。

余談ですが、実はこういった「朝方か、夜型か」というのは

「時計遺伝子」というものに影響を受けており、

若くして睡眠相前進症候群になった場合、遺伝的な要因が強いといわれています。

 

治療方法

睡眠サイクルを、後ろにずらすための治療が必要になります。

最もポピュラーな治療法が、高照度光療法です。

睡眠相を遅らせたい場合、1日の遅い時間に

日光、もしくはそれに匹敵する強い光を浴びるように調節します。

(朝早くから日光を浴びてしまうと、眠くなる時間が早くなってしまいます)

 

 

カテゴリー 睡眠の基礎知識 睡眠障害全般 概日リズム睡眠障害


PR

韓国のニュース動画をお探しならKocowaがオススメです!赤坂で総合格闘技やるならベルジム関東の高収入求人