Skip to content →

睡眠に効果のある食べ物



PR


睡眠に効果のある食べ物

トリプトファンという栄養素を意識して摂ることは、安眠・快眠につながります。

トリプトファンはアミノ酸の一種です。体内で吸収されたあと、最終的に睡眠ホルモン「メラトニン」に変化し、このメラトニンが重要です。と言いますのもメラトニンが脳内で分泌されると、人は眠くなるからです。
これは、メラトニンには体温を下げたり、副交感神経を優位にしたりといった働きがあるからです。

睡眠を促す食べ物~ハチミツ~

ハチミツに豊富に含まれる「トリプトファン」という成分は、人の体内で「セロトニン」と呼ばれるホルモンを分泌させる働きがあります。

セロトニンには、ストレスを緩和し、心地よさや穏やかな気持ちを生み出してくれる働きがあります。そして、睡眠時には快眠を促してくれます。

ハチミツをスプーン一杯口に含んでから寝ると睡眠の効果が得られますよ。

睡眠を促す食べ物~バナナ~

不眠症に大きく関わっているとされるミネラル成分「マグネシウム」「カリウム」
を摂取することで快眠効果が得られます。

マグネシウムやカリウムが不足すると、なかなか寝つけなかったり、頻繁に目覚めてしまったり、熟睡できない、といった睡眠障害が発生する場合がありますので就寝1時間半〜1時間ほど前に、バナナ半分程度を食べるだけで、快眠効果が期待できます。

バナナの魅力は睡眠効果を促す「トリプトファン」がたくさん含まれているという点です。

睡眠を促す食べ物~ナッツ類~

クルミやアーモンドといったナッツ類には、このトリプトファンがとても豊富です。
先ほどトリプトファンが睡眠にはとても大切というお話をしましたが、寝る1時間半ほど前に10〜15個くらいのナッツを食べれることでセロトニンの分泌が促され、良質な睡眠を取ることが可能となります。

睡眠を促す食べ物~乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)~

牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品には、「トリプトファン」が豊富に含まれており「カルシウム」も豊富。カルシウムには神経の興奮を沈静化させる作用がありますので睡眠との相性はバッチリです。

夕食時~寝る1時間半前にに乳製品を少し摂ることで、穏やかな気持ちで就寝を迎える事が出来ます。

睡眠を促す食べ物~さくらんぼ~

睡眠ホルモンとの呼び声が高い「メラトニン」ですが、食べ物からの摂取も可能です。最新の研究ではさくらんぼには「メラトニン」が多く含まれることが分かっております。

寝る1時間半まで位にさくらんぼを摂取することで「メラトニン」が分泌され快適な眠りを得ることができます。

睡眠を促す食べ物~ハーブティー~

ミントやカモミールといったハーブは、緊張を解きほぐし、リラックス効果があると言われております。

ぬるい程度のハーブティーを就寝前に摂取してみましょう。

緊張がほぐれ安眠効果抜群ですよ。

睡眠を促す食べ物~ぶどう~

さくらんぼでもご紹介した「メラトニン」ですが、実はぶどうにもたくさん含まれております。ぶどうはちょっと高価だと思いますが100%濃縮還元のぶどうジュースを一口飲むだけでも「メラトニン」を摂取することが可能ですので快適な眠りにつくことができますよ。

睡眠を促す食べ物~オススメレシピ~

寝る前という事なので、、、
簡単で快適な眠りにつけるレシピをご紹介。

【用意するもの】
1.ヨーグルト(150ml低脂肪が良い)
2.ハチミツ(スプーン大さじ1杯)
3.ハーブティー(50ml)
4.バナナ (3分の1)
5.ナッツ(ひとかけら)

作り方は至って簡単。
まずはハーブティを沸かします。
その間にヨーグルト、ハチミツ、バナナ、ナッツをミキサーにかけます。(面倒であれればすりつぶしてもOK)

ミックスしたものにハーブティーをよくかき混ぜて完成!

これ、我が家でも実は人気のメニュー。
甘みとハーブティーの香りが飲んでる最中からあなたを眠りの世界に導きますよ(笑)

 

 

カテゴリー 睡眠の基礎知識 寝る前に摂取すると良いもの 寝る前の対策


PR

韓国のニュース動画をお探しならKocowaがオススメです!赤坂で総合格闘技やるならベルジム関東の高収入求人