Skip to content →

【昼間なのに強い眠気が…】ナルコレプシーとは?



PR


ナルコレプシーとは睡眠障害の一種です。日中の会議中や運転中などにも関わらず、突然睡魔が襲ってきて起きていられなくなるなどの症状が特徴です。また、10代の発症率が非常に高くなっています。

ナルコレプシーには主に以下のような症状があります。

1、過度の眠気(日中)

昼間や午後の早い時間帯などに、耐えることができないほどの強烈な眠気に襲われます。

実際に居眠りする時間は数分から30分と長くはなく、目覚めたときにはスッキリするのですが、

また時間が経つと眠気が襲ってきます。

2、情動脱力発作

怒り、驚き、喜びなど強い感情の変化があった際、体の力が抜けてしまう発作です。
脱力する箇所は顔だけであったり、全身であったり様々です。

3、入眠時幻覚

発作的に眠気に襲われた際や、夜寝入るときに非常にリアルな幻覚を見ることがあります。
これは、ナルコレプシーの患者は、入眠後すぐにレム睡眠に入るため、起きているときと同じように
脳が活動している状態で夢を見ることになるからだと考えられています。

4、睡眠麻痺

いわゆる「金縛り」です。入眠時幻覚で述べたように、ナルコレプシーの患者の脳は入眠後覚醒しています。
しかし、体は寝ており動かすことができないため、金縛りにあってしまいます。

 

ナルコレプシーの治療法

ナルコレプシーでは、薬物療法が中心となります。

また、日常の睡眠習慣を改善することで、症状をやわらげることもできます。

ナルコレプシーは、会議中寝てしまうなどであれば上司に怒られるだけで済みますが、

車の運転中などに発症しようものなら、大惨事になる可能性もあります。

ですので、もしあなたがナルコレプシーの疑いがある場合は、専門医の診断を受け、

適切な治療を施してもらうのがよいでしょう。

安眠屋の病院検索からは、全国の睡眠障害専門病院を検索することができます。

「もしかして自分はナルコレプシーかな?」という方は、ぜひ診察を受けてみることをおすすめします。

 

カテゴリー 睡眠障害全般 ナルコレプシー


PR

韓国のニュース動画をお探しならKocowaがオススメです!赤坂で総合格闘技やるならベルジム関東の高収入求人